カテゴリー: 抜粋記事

[MC202001]縄に取り憑かれた私と緊縛に憧れるさとみが初めて緊縛プレイをした日

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

緊縛M女子大生を縛った緊縛初心者男の告白 ※DVD収録

告白 哲三(仮名)

 私は、マニア倶楽部の皆さまのような緊縛熟練者ではありません。今回投稿させていただきました写真を見ればおわかりのように、技術レベルはまだまだ発展途上にあり、皆さまにとっては、お見苦しいものかと思います。しかしながら、SMや緊縛への思いは浅からぬものがあります。
 私は、思春期の頃からSMや緊縛に強い興味を抱いてきました。それこそ濡木痴夢男氏にはじまり、志摩紫光氏、雪村春樹氏などは、私にとって永遠のアイドルでした。中高生の頃はそのような緊縛絵画や写真を集めては秘密のスクラップブックにしていたものです。しかし、この密やかな趣味を共有できる友人など、東北の片田舎にいるはずもなく、寂しい思いをしてきたものです。いつかはこの手で、女性を緊縛し、縄酔させてみたい。そんな男の中の男になってみたいとずっと思いを馳せてきました。
続きを読む

[MC202001]「私を奴隷にしてください」という4年越しのお願いを叶えて頂くことができました。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

憧れの男性の奴隷になった女子大生の告白 ※DVD収録

告白 一条由香(仮名)

私は二十五年以上、貴誌を愛読している者です。初めて投稿させて頂きました。他の皆様のような淫靡な写真ではなく、つたない写真ですが、よろしければ採用のほどお願いいたします。私の奴隷――由香も喜ぶと思います。
 手記の方は、由香が自ら書きたいと申し出てきたものです。由香と私が主従となったきっかけには、貴誌の存在がありました。
続きを読む

[MC202001]肛門を弄られる恥辱に涙を流した女が今では変態快楽の奴隷です。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

ノーマルだった女教師を奴隷にした男性の告白

告白 伊達匠(仮名)

女教師の尻穴
 不惑の年を迎えたS男です。
 長年、いろいろな女性を奴隷として飼ってきた私ですが、今ほどマニアに生まれてよかったと思えた時期はありません。
 今回ご紹介する隷奈は、私にそう思わせるほどマゾ女としてとびきりの逸材だったのです。
 隷奈は教師です。あまり詳しくは書けませんが、私立高校で古文を教えています。ご覧の通りなかなかの美形なので、生徒からの人気も高いようです。
 そんな男子生徒の憧れが、私の前でだけはこのような痴態を晒して、悶え、苦しみ、そして快感を覚えているわけですから面白いものです。
 私の職業はフリーのシステムエンジニアです。そんな学校や教育とは無縁な私が女教師と知り合ったのには訳があります。
 隷奈を私に紹介してくれたのは、私の昔の奴隷なのです。
続きを読む

[MC201911]高嶺の花だった社長令嬢は、清楚な外見に似合わず凌辱を望むマゾヒストでした。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

取引先の令嬢を奴隷にした男性の告白 ※DVD収録

告白 小百合(PN)

社長令嬢で妄想自慰
 長年欠かさず愛読してきた憧れの雑誌に、初めて投稿させていただきます。
 思春期以来、私はSM好きの男性ではありましたが、これまではただ妄想の中だけでプレイをし続けてきました。
 実際に自分の奴隷を持ち、自分好みに調教していく機会には恵まれなかったのです。
 女性と付き合ったことはあります。しかし自分の性癖を言い出すことは出来ず、ただ性行為をするだけの関係でした。そのような関係では自分も満足しないので、長続きしないのです。
でも、相手に異常な人間だと思われるのが怖くて、どうしても自分からは性癖を打ち明けられませんでした。
 だから、今回のような偶然の幸運に恵まれなければ、自分が現実のSMを経験することは生涯無かったかも知れません。
続きを読む

[MC201911]オジさまに処女を奪ってもらえる日を妄想ばかりしています。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

処女のまま調教されるパイパン女子大生からの手記 ※DVD収録

告白 かえで(PN)

両親の部屋のSM雑誌
 はじめまして、私は二十二歳の女子大生です。現在、ずっと年上の中年男性から、SM調教を受けています。セックス経験はまだなく、処女のままMとしての調教を受け続けています。
 やっぱり、こういうご主人様と奴隷の関係は普通じゃないのかな……、と疑問を抱くこともありますが、オジさま(ご主人様をそう呼んでます)との関係が、今の私には恋愛以上の幸せを感じさせてくれる、精神安定剤のようなものなのです。
 私は子供の頃から、自分に自信を持てない女の子でした。
 子供から女の子、少女と成長していくなか、自己否定の感情もどんどん成長していきました。思春期の頃からは、幼い感じが残る自分の体がキライでした。
 ペタンコではないけれど肉付きのよくない胸、ポツンとのった大きめの乳首、ボリュームのないお尻、手の指も、足の形も、目も鼻も口も、顔も、全部がキライ。そして敏感に、無駄に感じすぎる自分のカラダも、キライでした。
 それから、異常なほどの性欲も。毎日、何回もオナニーをしてしまう自分が、大嫌いでした。
続きを読む