カテゴリー: 抜粋記事

[MC201909]守らなければいけないはずの彼女を弄び、歪んだ欲望の餌食にしてしまいました。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

処女を手に入れた施設園長の懺悔 ※DVD収録

告白 小山内(PN)

自死した初恋の女性
 児童養護施設に勤めるようになり、もう三十年が過ぎようとしています。私がこの仕事を志したのは、ある友人の自死がきっかけでした。初恋の相手であり、私に生きる希望を与えてくれた女性でした。
 彼女との出会いは中学のとき。お転婆で明るい性格な彼女に対し、私は純文学に傾注する根暗な少年で、友人と呼べる人間もほとんどいませんでした。日々「おはよう」と「さようなら」しか口にせず、私の心は現実から切り離され、物語の中でだけ生きていました。私はそれでよかったのです。
 そんな私に現実世界の美しさを教えてくれたのが彼女でした。最初はただの好奇心だったのでしょう。クラスに居るのか居ないのかわからない影のような私が気になったのかもしれません。
「小山内くん、あそぼ!」
 そう言って彼女はいつも唐突に私を連れ出し、ふたりでさまざまな景色を通り過ぎていきました。私たちは三年ほどそうして過ごしましたが、恋人という類の関係ではなく、一度も手を触れることもありませんでした。それでも私にとっては初恋の女性であり、人生を変えた先導者でもありました。
 しかし、私は彼女の心が暗く深い沼に沈みこんでいたことに気づけずにいたのです。彼女は、養護施設で育ち、里親のもとで生活をしていました。そして、その里親からずっと性的虐待を受けていたのです。
「ばいばい」
 そう短く書かれた紙きれだけを残し、彼女は沼の底へと飲まれてしまったのです。
続きを読む

[MC201907]勉強に逃げていた私の歪な淫欲を見抜かれ、愛奴の喜びを教えて頂きました。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

家庭教師先の父親に調教されている純情大学院生 ※DVD収録

告白 ミサト(PN)

日陰者の処女
「嫌らしい。淫乱だな」
 初めて男の人の前で裸をさらした私に、ご主人さまはそう言われました。そして乳首を指さし、プッと噴き出して、おかしそうに笑っていました。
「本当に処女か」
 私の乳首は、黒ずんで、大きなプルーンのようです。それは初潮を迎えた少女のころから、オナニーに耽り、いやらしい行為を妄想しては夜ごと身悶えしてきたからです。
 今でこそセルフプレジャーともいい、女性誌で特集されもしていますけど、後ろめたさは常にあります。でも、それでも、悪い手が癖になり、その結果のいびつな乳首。それを一発で見抜かれ笑われてしまった恥ずかしさといったら、ありません。
 私が両手で顔を覆い、肘で胸を隠して蹲ってしまうと、
「立ちなさい、こっちを向いて、ちゃんと見せるんだ」
 主人さまは命令されました。
「弄ばれたい、いやらしいことをして欲しいって、願ってきたんだろ」
「……………」
 恐る恐る顔を上げると、先ほどの嘲笑が嘘のように、優しく、あたたかい目をされています。
「いつものように、やってごらん。見られたかったんだろう」
 このとき、M女として私は覚醒し、産声を上げたのだと思います。縛り、凌辱してほしい、飼育し調教されたい。それまで、ひとり闇の世界で夢想してきた被虐願望をかなえていただく時がきたと悟ったのです。
続きを読む

[MC201907]可愛い白衣の天使が、涙をこぼしながら僕のお仕置きに耐えるのです。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

入院先の看護婦をマゾペットにした男性からの告白 ※DVD収録

告白 タケル(PN)

 喜久恵は僕の可愛いペットちゃんです。日頃から「ごめんなさい」が口癖で、お仕置きするとそればかり口にしています。僕のチンポが大好物で、喉奥まで咥え込んで、目尻に涙をいっぱいに溜めながら、僕のミルクを嚥下しては「ごめんなさい」と言うので、僕は思わず抱きしめてしまいます。
 僕にはマニア倶楽部に投稿されるような強いS性はありませんし、喜久恵ともハッキリとした主従関係ではないように思います。僕のことを「ご主人様」と呼ぶこともありません。ですから、皆さんにとっては面白みもないかもしれませんが、こうして投稿させていただいたのは、編集部や読者の皆さんにぜひ僕たちの関係を知ってもらい、ご意見をいただきたいと考えたからです。
 きっと喜久恵はまだまだ自分を解放しきれていないように思います。まだまだ甘ちゃんの投稿だとは思いますが、よろしくお願いいたします。

続きを読む

[MC201907]マニクラに掲載され皆様にみられてしまう…恥ずかしくてたまらないのに幸せなのです。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

美乳マゾOLから届いた羞恥投稿・第二信 ※DVD収録

告白 塚田梨花子(PN)

人知れず育んだ被虐心
 ふだんは明るい人気者で、誰からも好かれるキャラクターの女性なのに、裏ではマゾ性癖を露わにして緊縛やバイブ責めに喘いでいる。そして彼女のそんな姿を知っているのは、ご主人様である自分だけ――。
 こんなシチュエーションを私は長年、夢見ていました。
 そしてそんな私の夢を叶えてくれたのが、今、私の奴隷になっているこの梨花子なのです。
「男の人にいじめられたい」
 そんな願望を、梨花子は子供の頃から胸に抱いていました。
 しかしそれを誰かに言うことは決して出来なかったのです。
 誰にも打ち明けることのできなかった梨花子もまた、私という男と出会うことによって自分の欲望を生まれて初めて叶えたのです。
 天真爛漫な、愛されキャラの梨花子が、どうしてこのような性癖を持つに至ったのか。それを梨花子本人が手記にしたので以下におつけいたします。
 どうか、彼女がずっと胸の奥に隠していたドロドロとした欲望を、貴誌の読者様に味わっていただきたいのです。

続きを読む

[MC201905]悪魔のような先生の辛く恥ずかしい命令に家族を裏切りながら、従い続けています。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

娘の担任の奴隷となった人妻の告白 ※DVD収録

告白 あな美(仮名)

異常愛に堕ちた不貞妻

 私はこの世で最も軽蔑すべき女です。世界一駄目な妻であり母親なのです。
 私には、私の事を大切に思い愛してくれる夫がいます。そしてお腹を痛めて産んだ中学生の可愛い娘と、小学校に通う明るく元気な息子がいます。
 ほんの数か月前は、私自身もそんな家族に見合う、模範的な母親であり妻であったと思います。でも今は違います。
 私は奴隷なのです。それも正真正銘の奴隷です。何せ「私は奴隷です」という契約書まで交わしてしまったのですから。
 その契約書を交わしたご主人様のことを、私は「先生」と呼んでいます。これは比喩表現などではなく、ご主人様は実際に学校の先生――娘の通う中学校の担任の先生なのです。
 正直に告白します。初めて先生を見た時から、私の心には恋心が芽生えていました。
 しかしもちろん、自分の感情を表に出すようなことはありませんでした。順風満帆な自分の家庭を壊すつもりなんて毛頭ありませんでしたし、一年過ぎて担任の先生が替われば、この気持ちも自然に消滅していくものと思ったからです。
 しかし、先生に惹かれていく自分の気持ちは日に日に募っていきました。
続きを読む