カテゴリー: 抜粋記事

[MC201811]アナルフィストや電マで肛門を嬲られて潮吹き…気付けば自分からペニスを懇願していました

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

昔の教え子の奴隷となった女教師からの投稿 ※DVD収録

告白 節子(仮名)

※編集部より
 この告白はマニア倶楽部五月号に掲載した、U一氏の調教報告を、フィスト夫人節子さん本人が詳しく書いたものです。

 指定されたシティホテルの部屋に入ると、その見知らぬ男性――U一さんは、私の顔を見てうっすらと笑みを浮かべて、こう言ったのです。
「ほう。あなたがあのフィスト夫人の節子さんね……」
 恥ずかしさで全身が熱くなりました。U一さんは、私のことをマニア誌に載せられた写真で知っていたのです。
 そんな私のこわばった全身をほぐすかのように、U一さんは調教を始めてきました。
「ああっ……そんなとこ、急に……!」
 スカートの下のノーパンの下半身をチェックすると、U一さんはすぐに私のお尻の穴を曝け出させて、お尻の穴に何かを挿入してきました。小さな鈴のついたビーズです。
 羞恥心の奥から、疼くような快感がわき起こってきます。
 その快感に突き動かされてお尻を揺らすたびに、チリンチリンと涼やかな音がするのです。
 そのギャップに、恥ずかしさはますます増幅されるのです。
「拳を呑み込むようなお尻のクセに、ずいぶんとウブな反応を見せてくれるんですね」
 後でU一さんにそう言われて私は返す言葉もなくうつむいて黙ってしまいました。
続きを読む

[MC201811]何本もの色鉛筆を肛門に挿されたまま、アクメしてしまう恥ずかしい変態です

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

本誌愛読歴十数年の夫婦から届いた投稿 第二信 ※DVD収録

告白 麗子(仮名)

アナル品評会
「さあ行って来い。おまえへのとっておきのプレゼントだ」
 そう夫に促され、宿泊先のシティホテルの玄関へ行ってドアを開くと、そこにはPさんが立っていました。
「奥さん、久しぶり」と笑顔を向けられ、
「ああ、お久しぶりです」と応じた私ですが、あの恥かしい出来事が走馬燈のようにフラッシュバックして、胸が高鳴り、どうしようかと思いました。
 今から二年まえ、私はPさんのいる北海道で 変則3Pによる調教を受け、弄ばれたのです。思い返せば、私がお尻好きの変態女になってしまったのは、あの頃から。あの変態プレイは身体が覚えていて、このところ何となく思い出していたのですが、まさかPさんから来ていただけるとは思っておらず、うれしいやら恥ずかしいやらで、いい年して女学生のように顔を赤らめてしまいました。
 そんな私を夫は嬉しそうに眺めた後、
「やあ、どうも」と近づいてきました。そして再会を歓び、お互いの近況を語ると、男ふたりの視線がこちらに向けられます。
「おい、早くご覧いただけ」
 夫の命令に、首を左右に振って嫌々をしました。それで許してもらえるはずもないのは分かっていたのですけれど、それでも虚しい抵抗をせずにはいられなかったのは、このときはもうプレイの最中で、私のあそこは濡れて、ビラビラが開いていたし、お尻も、ピンクのディルドを挿入されて、ヌメヌメになっていたからです。
「早くしないか」
 夫からの叱責を受けて、目をつぶって、スカートをゆっくりとたくしあげました。私の体はもう、隅々までじっくり見られ、濡れて喘いで痙攣し、イクところまで知られている。それなのに、恥ずかしい。
続きを読む

[MC201809]牝穴で淫乱アクメし、射精後のお掃除フェラ奉仕。それが、あゆみの奴隷宣言でした。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

職場オーナーの娘を愛奴にした男性の投稿 ※DVD収録

告白 今 竹生(仮名)

夢のような若い牝
「痛いのは、嫌い?」
 縄で後ろ手に縛り、肉付きの良い真っ白な尻に鞭を振り下ろしながら訊くと、シーツに汗ばんだ顔を押しつけて、裸のあゆみはこう囁くように答えます。
「……好き、です」
「こんないじわるされているのに、嫌じゃないの?」
 髪をつかんで、
「どうなの?」
 と畳み掛けると、
「………嫌じゃ、ないです」
 と言います。
「もっともっと、お尻が腫れあがるまで、お仕置きだよ。それでもいいんだね」
「……………はい」
 そうやって、かわいい形の耳まで赤く染めて、21歳の女子大生が調教を懇願するのです。それでまた容赦なく鞭打つと、ピンク色になった尻たぶがパチーン、パチンと音を響かせます。
続きを読む

[MC201809]S男性に貸し出され苦痛に喘ぐ処女令嬢…「苦痛に濡れるねじれた肉を食して下さい」

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

レンタル家畜としてアヌスを捧げるMの告白 ※DVD収録

告白 ミシェル(PN)

ダイヤモンドの殻
 なぜ人は愛を信じるのでしょうか? 私には、人が愛を信じる様が、カルト宗教を盲信する信者のように見えて仕方ないのです。私が敬愛する作家はこう言っています。
「恋愛とは、性欲の言い訳にすぎない」
 もし、この言葉が正しいと仮定するなら、世界中の人々は性欲を盲信していることになるのではないかと思えてきて、人間というものの本質が見えてくるような気がしてしまうのです。結局、人間の多くは本能的な欲求、つまり繁殖や生殖こそが生きるために必要な信念なのではないかと、私は恐ろしくなってしまうのです。
続きを読む

[MC201809]深夜のオフィスでアクメをご披露したとき、私はマゾの歓びを感じることができたのです。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

肉人形に堕ちた純情マゾヒスト 第二信 ※DVD収録

告白 かなえ(仮名)

 かなえです。二度目の恥ずかしい投稿をさせていただきます。
 前の投稿ではお話しできなかった、ご主人様との出会いのことを書いてみようと思います。

異常性欲の女
 私は異常性欲者です。
 まだ少女だったころ、近所に住む男性「お兄ちゃん」に性的な悪戯をされたときから、私は性欲の虜になってしまいました。
 それがお兄ちゃんとの異常な体験のせいだったのか、それとも私の中にもともとそういう性質が隠れていたのかわかりません。でも、私の性欲は子どものものとは信じられないくらい淫らなものでした。
続きを読む