カテゴリー: マニア倶楽部

[MC60]彼との幸せを噛み締めるたび、先生のご調教でイカセてほしくなるのです。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

予備校講師に調教された黒髪巨乳愛奴 ※付録DVD収録

告白 頼子(仮名)

普通でありたい。ずっとそう思って生きてきました。
小さな頃から父親に「絶対に目立つようなことはするな」「人様に迷惑をかけるようなことはするな」と躾けられてきたからでしょうか。自然と誰しもに「普通」だと思われるような行動ばかり取ってきたように思います。
いじめられることもなければ、いじめることもありませんでした。それなりに恋もして、それなりに女性としての体験も重ねてきました。
私は普通を意識しすぎるあまり、どんな時も傍観者らしく振舞ってしまう癖がついていたのです。それを初めて指摘されたのは今から二年前のことです。

続きを読む

[MC60]淫猥露出におしゃぶり奴隷。勤勉少女から、チンポマゾへ仕込まれたM大学院生

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

ご主人様が変わるたびマゾ成長する性奴隷の告白

告白 そど美(PN)

他人とのセックス。自らの裸を露にし、見知らぬ男性、時には同姓にも恥さらしをする、淫乱な女。性奴という刻印を心に刻んでいただき、こんなにいやらしい女へしていただいた主様へ感謝の意を込め、このお手紙を書き、痴態を晒したお写真をお送りいたします。
私が異常な性行為を晒すことで主様もお喜びになり、私自身も主様の喜びにスケベな気持ちが高ぶります。
恥ずかしい女。
この姿を見られた方は常識では考えられない破廉恥な姿に、大変驚きになられることと思います。「いやらしい」「不謹慎」「不道徳」私には、大変な褒め言葉であり、特に同姓からの冷たい視線、冷ややかな口調には、身体の芯から熱くなります。
小さい頃より教育に熱心な両親の元、中学、高校と進学校を卒業し、志望の大学へ入学することが出来ました。
続きを読む

保護中: [MC60]定期購読限定:2017年5月号

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

[MC59]会いに行けるマニア女性たち 池袋【ELEGANCE(エレガンス)】所属 かなこ ※付録DVD収録

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

熱ロウで濡らす変態M女

 Sプレイに興味があるけれど実体験をしたことがない。そんな初心者Sの僕ですが、かなこさんは、丁寧に対応してくれました。
 緊張して上手くしゃべれない僕に、どんな道具があるか、どんなコトがしてみたいか等を聞いて、上手に導いてくれたのです。実際にかなこさんにリードしてもらったから調教プレイが出来たのだと思います。きっと本格的なS男性ならかなこさんのM性を上手く引き出せると思うのですが、僕にはまだ経験値が足りませんでした。
 経験を積んで次回、かなこさんの深いM性を満たしてあげたいと思いました。今回はありがとうございました。   (体験者・古市)

■編集部では、今回の体験者氏のようにSM体験をして下さる男性モデルを募集中です。詳しくは三和倶楽部のホームページをごらん下さい。

[MC59]羞恥を感じれば感じるほど快感を覚えるマゾ妻の恥ずかしい腹ボテ姿を晒します。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

妊娠した愛妻を調教するS夫からの投稿 ※付録DVD収録

Mr.スポック(PN)

羞恥マゾ妻を得た歓び

 初めまして。私の愛する妻をどうしてもみなさまに自慢したくて、恥ずかしながら初めての投稿をさせていただきます。
 写真と映像を見ればご理解いただける通り、妻の未知子(仮名)は今、私たちふたりの子供をお腹に宿しています。私の連日の生ペニス責めによって、未知子は妊娠したのです。
 SM嗜好を持つ夫婦にとって、これ以上の歓びはないのではないでしょうか。歓び、と言うならば、そもそも私と未知子の出会いこそが奇跡であり、歓びでした。お互い他のパートナーのことなどまったく考えることができないくらい、肉体的にも性癖的にも合致しているのです。
 私と未知子には、性格的にもよく似たところがあります。
 ふたりとも几帳面で、仕事に対して真面目なところ。そして羞恥心が人一倍強い点です。
 夫婦のこんな姿を投稿しておいて「羞恥心が強い」などと言うのはおかしいと思われるかも知れませんが、本当です。
 私は、かなり早くからS的な嗜好を持っていました。中学生くらいになって性に目覚めるころには、すでに一人前のサディストの心を持っていたのです。
 漫画やアニメなどで女性のキャラクターがいたぶられる場面があると、胸が苦しくなるくらいに興奮させられました。同級生や女の先生の肉体を縛り、痛めつける場面を想像することなしには、オナニーもできませんでした。でも、こんな性癖がまともでないことは、自分でもよくわかっていたのです。
 だからそのような妄想は自分の心の中の奥深くだけに、堅くしまい込んでいたのです。
 その後成長して、何人かの女性とお付き合いをしたことはありました。しかし私が、自分の性癖を相手に伝えることはありませんでした。それはひとえに恥ずかしかったからです。
 私にとって初めて自分の性癖を打ち明け、望んでいたプレイを受け止めてもらった相手こそが他ならぬ未知子でした。そしてそれは、未知子にとっても同じことだったのです。

続きを読む