カテゴリー: マニア倶楽部

[MC202007]年下の女性のアソコに舌奉仕しながら、パンティをびしょびしょに汚していました。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

同僚の奴隷になった女教師の初レズプレイ告白 ※DVD収録

告白 みなみ(仮名)


奴隷に堕ちた女教師
 私は教師です。聖職者です。ですが今の私は異常な性行為をサディストの男性から強要され、それに感じてしまう奴隷です。
 セックス奴隷。それがいまの私の立場です。奴隷である私を支配しているのは、先輩である同じ聖職者の加藤(仮名)先生です。
 私は加藤先生に対して恩義と負い目を感じています。以前お送りした手記(編集部注:投稿変態熟女DX3号に掲載)にそのあたりの詳しいいきさつは書いたので詳細は省きますが、加藤先生は私の大切な子供と夫を守るため、たった一人で孤軍奮闘してくださいました。
 そして、私たち家族を救ってくださった加藤先生は、私の体を求めてきたのです。もちろん私の心に抵抗はありました。葛藤もありました。しかし逆らえなかったのです。私は、加藤先生と関係を持つようになりました。不倫関係に陥ったのです。
続きを読む

マニア倶楽部2020年7月号

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

ISBN:
491008331070
判型:
A5
発売日:
2020年05月27日
付録:
4時間8分収録DVD付

マニア倶楽部は全国から投稿されてきたマニアの方を紹介するSM誌です。今号ではレズプレイの告白と映像を中心に誌面を構成しました。絡み合う女奴隷たちの生々しい痴態をお愉しみください。表紙巻頭は有村のぞみ。DVDの収録分数は4時間8分です。
《三和エロティカでの購入はこちら》
続きを読む

保護中: [MC202007]定期購読限定

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

[MC202005]月に一度、憧れの結衣さんの膝の上の厳しいお仕置きで反省させられています。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

お尻叩きマニアのレズカップルの投稿 ※DVD収録

告白 結衣&雪子(仮名)

【編集部より】
 おしおきマニアの女性たちが設立したという、女の子だけのおしおきサークル様から投稿がありました。
 お尻を叩かれている女性が雪子さん(PN)、お尻を叩いてる女性が結衣さん(PN)です。
 お二人はこのおしおきサークルで出会い、現在はパートナーとして月一回『反省日』と称して、一ヶ月分のわるいことを反省するためのおしおきを、先生と生徒などのロールプレイを交えつつ行っているそうです。
 それとは別にサークルの集まりがあり、おしおきの相互鑑賞会なども行っているとのことです。

雪子さんの告白
 サークルに入会したとき、
「打たれるのが好きなの?」
 と、皆さんに聞かれて言葉につまってしまいました。私にとってお仕置きとは恐ろしく恥ずかしいもので、好きと言っていいのかわからなかったのです。
 うちの両親は共働きで、私は祖母に育てられました。祖母はしつけに厳しく、お行儀が悪いと手の甲をピシャリと叩かれることがよくありました。
 今でも覚えているのは、小学校五年のとき、仲よしのミーちゃんの家で遊んでいた日のことです。私たちは戦隊ヒロインもののフィギュアが好きで、お人形さんごっこをして遊んでいました。友だちは私が持っていなかった新しいフィギュアを貸してくれました。ところが私は、遊んでいるうちにどうしてもそのフィギュアがほしくなり、悪いことと知りながら自分のバッグに入れてしまったのです。
続きを読む

[MC202005]私は、元教え子のご主人様のためなら誰にでも二穴を開く公衆便所になれるのです。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

アナルマゾ夫人から届いた最新告白 ※DVD収録

告白 節子(仮名)

肛門をまさぐる指
 教職の身でありながら、そして夫も子もいる身でありながら性奴隷として生きる。
 そんな自分に体が震えるほどの罪悪感を覚えていたのが、今では懐かしくさえ思われます。
 今、私の罪悪感は、聖職者としての自分の立場や、家族にはもう向けられていないのです。
 私のご主人様は、私の元教え子でもある、卓也君という私よりずっと年の若い男性です。
 卓也君によって私は、肛門やヴァギナを拡張することの快感を、そして複数の男性から調教される快楽を教えられました。
 そうなのです。卓也君は自分で私を調教するだけでは飽き足らず、他の男性に私の肉体を貸し出しもするのです。
 そして淫らに改造されてしまった私の肉体は、ただひとりのご主人様である卓也君だけでなく、そのような他の男性からの調教にも感じてしまうのです。
そのことに対して、私は罪悪感を覚えてしまうのです。
続きを読む