「マニア倶楽部」は、日本でたったひとつの投稿SM専門誌です。
緊縛、浣腸、おしおき、アナル、失禁、監禁、野外露出……。
様々な変態性癖に悩むマニア女性たちが、全国から集まってきます。
あなたの心の中にひそむ恥ずかしい性癖を理解してくれる仲間はかならずいます。
まずは、サイトをご覧ください。

マニア倶楽部2017年1月号

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

ISBN:
4910083310179
判型:
A5
発売日:
2016年11月26日
付録:
3時間7分収録
オリジナル投稿DVD

マニア倶楽部1月号は「露出マゾヒスト」特集号です。
露出調教を懇願する女子大生M、晒し調教を受けた巨乳愛奴妻、顔出し露出マニア妻の野外破廉恥四態、露出マゾに躾けられた人妻、最下等マゾ・ケイコの年間野外調教報告など、羞恥に震えながらも感じてしまうマゾ女性たちの姿を写真と動画でご確認ください。
また、杉浦則夫による原美織「鉄檻の被虐」、悦虐クラブによる川崎紀里恵「嗜虐の廃屋」美麗緊縛グラビア二本の他、精飲マゾお嬢様の出産報告投稿、他人棒アクメを懇願する美人母乳若妻の緊縛寝取られ記録、「女性が悦ぶ縛り方」講座、「写真付き交際メッセージ」も。
さらに付録DVDには「絶叫OL陰核熱ロウ折檻」「異物出産アナル動画」「自罰M鞭打ち責め」など199分収録。ぜひご覧ください。



《三和エロティカでの購入はこちら》

続きを読む

保護中: [MC58]定期購読限定:2017年1月号

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

マニア倶楽部2016年11月号

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

ISBN:
4910083311169
判型:
A5
発売日:
2016年09月27日
付録:
3時間7分収録
オリジナル投稿DVD

マニア倶楽部11月号の特集は「秘蔵愛奴公開」と題し、マニア読者たちの愛奴を大公開。
昼休みに肉奉仕するOL愛奴、中出しされる黒髪パイパン愛奴、落書き調教若妻愛奴、まんぐり脱糞する塗糞&食糞愛奴、
緊縛フィストファック愛奴……など様々なタイプの愛奴たちを写真と手記と映像で紹介。
また、一鬼のこ緊縛&杉浦則夫撮影の吉岡愛美グラビアや、口腔フェチ画像、潮吹き肛門フィストファックされるM女教師の投稿などの他、
「女性を悦ばせるための縛り方」講座も連載開始。そして、「写真付き交際メッセージ」大量掲載の第二弾も。
付録DVDには、教え子愛奴拘束姦、まんぐり脱糞動画、潮吹き肛門フィストファックなど187分収録。ぜひご覧ください。



《三和エロティカでの購入はこちら》

続きを読む

[MC57]人付き合いが苦手だった可憐なリカが私の愛奴になった記念に投稿します。

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

黒髪パイパン愛奴を飼う男性からの投稿 ※付録DVD収録
リカ&K蔵(仮名)

毎号楽しく読ませていただいております。皆さんの奴隷自慢を見るたび、自分にもこんな素晴らしい愛奴がいたら……、と憧れと嫉妬が入り混じった想いでいました。
そんな僕にも、ついに念願の愛奴ができました。自分には勿体ないくらいの若く可愛い愛奴です。情けないのですが、もう自慢したくて仕方なく、これまでは見るだけだったマニア倶楽部に、初めて投稿という形で参加することにしました。

続きを読む

[MC57]授業中にオナニーする少女だった私が先生と出会い、秘密の性癖が開花しました。

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

教授と教え子・年の差夫婦のSM生活公開 ※付録DVD収録
めぐみ(仮名)

奴隷妻の誓い
私はあまりSMのことに詳しくりません。自分がMだってことも特に意識したこともありません。
ただ、先生(本当は先生のことは「雄二様」と呼ばないといけないんですが、Hモードの時以外はやっぱり「先生」としかいえないので、ここでも基本「先生」と書きます)、私のことをMだといいます。
そして私は今年の春、大学を卒業すると同時に先生と結婚しました。
二倍近く離れた年の差結婚の永久就職ですが、そのプロポーズのSEXの時にも、先生からこういいつけられました。
「ただの花嫁としてめぐを迎えるんじゃないからね。めぐはこれから一生、私の奴隷妻だ。それを誓えるか?」

続きを読む