「マニア倶楽部」は、日本でたったひとつの投稿SM専門誌です。
緊縛、浣腸、おしおき、アナル、失禁、監禁、野外露出……。
様々な変態性癖に悩むマニア女性たちが、全国から集まってきます。
あなたの心の中にひそむ恥ずかしい性癖を理解してくれる仲間はかならずいます。
まずは、サイトをご覧ください。

マニア倶楽部 2018年7月号

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

ISBN:
491008331078
判型:
A5
発売日:
2018年05月26日
付録:
4時間26分収録
オリジナル投稿DVD

マニア倶楽部7月号5月26日発売!
リニューアル2号目となる『マニア倶楽部2018年7月号』が、定価2400円(税込み)で、5月26日に発売されました。

今号は編集部を訪れた二人のマゾ女性の調教動画を中心に、緊縛願望をもつ美乳マゾ梨花子(仮名)さん、アダルトショップで露出プレイをする詩織(PN)さん、ちょんの間で男に買われていた家畜保育士のすず(仮名)さん、など多くのM女性のプレイ動画を収録した4時間以上の付録DVDが同梱されますのでご期待下さい。


[amazonjs asin=”B07CF6WGJM” locale=”JP” title=”マニア倶楽部 2018年 7 月号”]
《三和エロティカでの購入はこちら》

続きを読む

『マニア倶楽部』7月号の「マニア倶楽部交際欄」お詫びと訂正

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

現在発売中の『マニア倶楽部』最新7月号の「マニア倶楽部交際欄」のコーナーで記載漏れがありましたのでお知らせいたします。

P224のクラウディさん(仮名)の在住地名が漏れておりました。正しくは〈関東地方〉です。

以上1点を訂正し、読者の皆様にお詫びいたします。

保護中: [MC201807]定期購読限定:2018年7月号

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

[MC201805]懇願してご主人様に結婚してもらったユカは奴隷妻として、一生お仕えします。

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

マゾ幼妻が綴る奴隷の日常生活 ※DVD収録

告白 ユカ(PN)

 毎朝五時。ご主人様を起こさぬように私はそっと階下に降りて、朝食の準備をします。
 ご主人様は和食が大好きなので、朝は必ず熱々の味噌汁と炊きたてのご飯、それにサバか鮭の塩焼きとお漬物を準備します。ご主人様はいつも六時ちょうどに起きてきますから、それまでに私は朝食と身支度を済ませておかなくてはなりません。
 身支度というのは、化粧や着替えのことではありません。ゴム製のパンツを穿いてご主人様にご奉仕するための支度です。
 五時五十五分。ご主人様が目覚める直前に、私はベッドにもぐり込んで、ペニスをおしゃぶりいたします。まだ少し微睡んでいるご主人様のペニスが次第に膨張して、口の中がご主人様でいっぱいになると、その頃になってご主人様は覚醒します。
「おはよう」
 ご主人様はそう言って、私の後頭部に手を回します。そのまま私の頭を押さえつけるようにして、激しくピストンしてくださるのです。硬くなったペニスの先端が私の喉を何度もノックすると、口内の粘膜から染み出すように唾液が充満していき、それをこぼさぬように唇に力を込めるのですが、それでも少しこぼしてしまうことがあります。そうするとご主人様はピストンをゆるめてしまうのです。ご主人様ならではのお気遣いであることはわかっています。
続きを読む

[MC201805]ご主人様の命令で初めてのNTRプレイ 獣じみた牝吠えをしながら絶頂した節子さん

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

フィスト夫人を一晩借り受けた男性の告白 ※DVD収録

告白 U一&節子(PN)

寝取られの命令
〈節子の告白〉
「そんなこと……できるわけありません。お願いですから、そんなことをさせないで……」
 一月ぶりに入ったラブホテルのベッドの中で、卓也さんがまた、酷い提案をしてきました。  
「そんなに嫌がることないだろう? 他の男とするなんて、何度もやっているじゃないか」
 最近卓也さんが、寝取られプレイを楽しむ会のサイトをみつけて随分と気にしていたときから、こんなことになるのじゃないかと心配していました。
 だから、卓也さんの言葉は、私を驚かせはしなかったけれど、だからといってそれが平気になるわけではありません。
「あのときは、卓也さんも一緒だったから……」
 確かに私は卓也さんの言うとおり、見知らぬ男性や卓也さんの知り合いの男性とセックスをしたことがあります。
 でもそれはあくまで卓也さんと一緒の場面でした。他の男性とセックスすることがあっても、卓也さんとの逢瀬の中のできごとです。他の男性のおちんちんをいただいたとしても、卓也さんの前でなら、奴隷の快楽に浸ることができました。
 けれど、今度は私ひとりです。会ったこともない男性とふたりきりで、一夜を共にしてその様子を卓也さんに報告しなくてはならないというのです。

続きを読む