カテゴリー: 未分類

[MC59]ご主人様以外の男性のご調教に何度もアクメする、はしたない私をお許しください。

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

レンタル調教されたマゾ保育士 ※付録DVD収録

すず(仮名)

 お久しぶりです。前回、貴社の雑誌『家畜マゾ保育士 性奴隷化の記録』にて紹介した我が愛奴、すずに貸し出しを願うメールをいただきました。
 お相手はN氏という四十代の男性で、私と同じく、奴隷調教を趣味にしている方。N氏の提案がとても刺激的だったので、連絡を取った次第。
 許可を得たので、N氏からのメール内容を転載します。
「はじめまして、私は奴隷調教を愉しんでいるS男性です。既婚者ですが、妻とは別に、真性マゾの奴隷を愛人として飼っています。雑誌ですずさんを見て、とても素敵なM女だと思いました。こんな女性を調教出来たら、どれだけ興奮するかと……。

続きを読む

[MC57]授業中にオナニーする少女だった私が先生と出会い、秘密の性癖が開花しました。

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

教授と教え子・年の差夫婦のSM生活公開 ※付録DVD収録
めぐみ(仮名)

奴隷妻の誓い
私はあまりSMのことに詳しくりません。自分がMだってことも特に意識したこともありません。
ただ、先生(本当は先生のことは「雄二様」と呼ばないといけないんですが、Hモードの時以外はやっぱり「先生」としかいえないので、ここでも基本「先生」と書きます)、私のことをMだといいます。
そして私は今年の春、大学を卒業すると同時に先生と結婚しました。
二倍近く離れた年の差結婚の永久就職ですが、そのプロポーズのSEXの時にも、先生からこういいつけられました。
「ただの花嫁としてめぐを迎えるんじゃないからね。めぐはこれから一生、私の奴隷妻だ。それを誓えるか?」

続きを読む

マニア倶楽部3月号 発売中です。

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

4910083310360

発売中のマニア倶楽部 2016年03月号が、おかげさまで好評のようで、Amazonさんでは一時欠品するなどご迷惑をおかけしました。
三和出版の通販サイト三和エロティカでは通常通りに発売中ですので、こちらもご利用下さい。
さて今回のマニア倶楽部 2016年03月号は、通巻300号の特別記念号です。
そのため付録DVDが2枚になっております。

1枚目は通常の投稿動画を集めたDVD。
2枚目のDVDは、糞豚家畜『美春』さんの最初の投稿から、編集部を訪ねてきた時の映像、そして緊縛師によって初めての本格的な緊縛アクメを体験した時の映像などをまとめた、美春さん特集のDVDが同梱されてており、2枚で合計6時間近い映像を収録しております。
以前もアナウンスしましたが、美春さんに関しては夏頃までに、1冊の雑誌にまとめたいと思っております。彼女への調教リクエストなど要望があれば、編集部あてにメールでお送り下さい。

続きを読む

マニア倶楽部年間定期購読のご案内

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

4910083310162

只今、編集部特製2016年卓上カレンダープレゼント中!
2015年12月~ 2016年1月の間、新規に「マニア倶楽部」の年間定期購読を申し込まれた方にマニア倶楽部編集部特製の2016年卓上カレンダーをプレゼント致します。この機会に是非、年間の定期購読をお申し込みください。


MC52定期購読
PDFファイル

ご注文・お問い合わせは、
三和出版通販部 03(5907)7013
三和エロティカ http://www.sanwapub.com/

[MC51]家畜マゾヒスト『幼いころから緊縛マゾヒストだった美人OLの手記』

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

三面鏡の前で哀れな自縛をくり返していた私は無慈悲な緊縛凌辱に憧れているのです。
告白:千佳(仮名)


三面鏡遊び
 千佳は鏡の大好きな子でした。母の話では、二歳になったばかりの頃、すでに祖母のお部屋の鏡台で、お化粧遊びしていたおしゃまさんだったそうです。
 確かに千佳の記憶の中にも、そんな幼い頃の情景がぼんやり残ってはいるのですが、お化粧遊びはじつはあるごまかしの口実にすぎなかったのです。
 祖母は千佳が生まれる前年に亡くなっていますが、両親にとっては思い出の詰まった部屋だったので、そのままにしていました。
 祖母の鏡台は、正座して使う古いタイプの三面鏡でしたが、千佳は正面に映る自分の姿ではなく、両端の鏡に映り込んだ横顔の自分が不思議で、とてもワクワクしていました。
 自分と視線の合わない横顔の自分を見ていると、自分なのに他人をコッソリと見ているようで、魅せられていたのです。
続きを読む