カテゴリー: 動画コンテンツ

[MC58]会いに行けるマニア女性たち 池袋 SMクラブ【無我】さつき ※付録DVD収録

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

ザーメンを貪る淫蕩な牝

 見られるコトで興奮をする女がいる。さつきもそんな女だ。彼女のブログには、
『さつき(の動画)で自慰をなさっているのであれば、それは さつきを興奮させるのであります。
 さつきは(自分の動画を)観たことがありませんので、どれ程のものかは わかりませんがさつきの動画で興奮してくださる、そして 自慰をしていただけるだなんて、それがどれ程の人数かは不明ですが、沢山の殿方となれば、見られたがりのさつきには、このうえないくらいの興奮です。
 それこそAV女優のような、そんな気持ちになってしまいます。
 観ていただけるのは。なんて気持ちの良いことなのでしょう。  想像するとお股の奥が疼いてしまいます。
 動画をご覧になった殿方と時間を過ごすとなれば、緊張してしまうのではあります。ですがなんとも 嬉しい事なのです。
 暗い画面では 見えない部分を思う存分見て触っていただきたい。どんな表情をしているのか、明るいお部屋で見ていただきたい。
 そんな気持ちでいっぱいなのです。そんな事を思いながら殿方との時間を過ごしております。
 もっともっと見ていただきたい。そう 思うさつきは、なるほど やっぱり お変態なのです』
 と書くような女なのです。
 実際動画ではモザイクになっていた、愛液まみれの局部も、Mのスイッチが入ったとたんに表情が変わる姿も、生で見ることができて、彼女が書いているように、画面では見る事が出来ない場所を明るい所で見る事が出来ました。
 編集部のみなさま、今回は幸せな時間を本当にありがとうございました。またなにか機会があれば、よろしくお願いいたします。(体験者・ボーンズ)
※編集部注 ブログ引用部分の( )内は、編集部で書き入れたものです。

■編集部では、今回の体験者氏のようにSM体験をして下さる男性モデルを募集中です。詳しくは三和倶楽部のホームページをごらん下さい。

[MC58]会いに行けるマニア女性たち 池袋【ELEGANCE(エレガンス)】じゅん ※付録DVD収録

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

口奉仕人形を使った日

 男性の多くは女性の口に興奮を覚えると思います。キスをする口。愛を囁く口。栄養を摂取する口。呼吸をする口。そして、男性の身体に奉仕をするための口。
 口には色々な用途がありますが、僕はオナホールのように自分(男)の都合で、自由に使える女の口マンコが好きです。
 僕の根っこはSだと思うのですが、女をいたぶるとか、縛るとか蝋燭やムチ、浣腸とかはあまり興味はありません。女を逝かせ続けることもしません。女の自主性に任せたフェラチオも不用です。
 僕は男の思うままに使えるオナホールのように女の口を使いたいのです。女はただ口を開け、舌を使い男の太竿を気持ち良くするために使われる。
 じゅんさんは、そんな僕が日頃妄想をしていた事を実践できる、理想のオナホールでした。
 ノドの奥まで使えるような女は少ないのですが、じゅんさんは僕の太竿を奥までいれても平気な女性だったのです。
 少し話をきくと、これまでの厳しい調教により、ノドの奥まで開発をされてしまい、太竿で深く突かれると快楽を得るようにされてしまったのだとか。
 じゅんさんは、まさに僕の理想の女性なのです。
 オナホールは物ですから、どんなに乱暴にあつかっても嘔吐いたり噎せたり、咳き込んだりしません。じゅんさんもそんな風に調教をされてきた、真性のマニア女性だったのです。
 僕は嬉しさのあまり、体験取材だと言うことを忘れ、時間いっぱいじゅんさんというオナホールを楽しみました。彼女は生きた口マンコ、口唇奉仕人形。そんな形容詞がぴったりの僕の理想のマニア女性でした。(体験者・ファミ雄)

■編集部では、今回の体験者氏のようにSM体験をして下さる男性モデルを募集中です。詳しくは三和倶楽部のホームページをごらん下さい。

保護中: [MC58]定期購読限定:2017年1月号

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

[MC57]会いに行けるマニア女性たち 池袋【エレガンス】まどか ※付録DVD収録

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

お嬢様の「便器」願望。

「お金が欲しいと思ったことは無いんです。小さい頃からお金にこまったことは無かったし、今も、昼間の仕事もしてるけれど、お金には困ってないから……」
 SM嬢も夢を売る仕事。お嬢様を気取る女の子も多いが、まどかは本物の令嬢だ。
 落ち着いた衣装にバッグ。風俗嬢にありがちな自己顕示欲が染み出すようなブランド物で固めたような女では無いところが、生まれながらに本物に囲まれて生きて来たことを窺わせる。
「堕ちていく感覚にずっと憧れていたんです。小さい頃から、周りの人たちが気に掛けてくれたり、ちやほやしてくれるのが、なんだかニセモノくさいって思っていて……逆に、私のことを嫌ったり、蔑んだりする視線の方に、私のことを本気で意識している実感を感じました」
 奴隷の身分を意識させて欲しいというまどか。
 まどかが「ご主人様」に求めるものは、徹底的な人格否定だ。

続きを読む

保護中: [MC57]定期購読限定:2016年11月号

reddit にシェア
LINEで送る
Pocket

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。