[MC55]兄の性奴隷になった妹マゾから届いた手紙

Share on reddit
LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

実の兄にマゾとして育てられた私の夢は、
兄の赤ちゃんを産むことなのです。

真由美(仮名)

兄に育てられた私

私はセックスの奴隷です。
それも、自分が最も愛するひとに仕える奴隷なのです。
だから私は自分のことを幸福な女だと思っています。でも世間一般の常識からすれば、私は地獄に堕ちた獣なのです。
その理由は……私の愛するご主人様というのが、私のたったひとりの兄だからです。
私の家庭は――それを幼い頃には自覚していませんでしたが――特殊な家庭でした。
まず、父は私が物心ついた頃にはもう家にいませんでした。
そして母は、私たち兄妹のそばにほとんどいませんでした。
週に何度か私たちの住むアパートを訪れ、食べ物や日用品を置くと、そのまますぐにどこかに行ってしまうのです。
私は母から、頭を撫でてもらった記憶さえありません。
よその家と違うということは理解していましたが、父親が欲しいと思うことも、母親の愛に飢えるということもありませんでした。それは私に十四歳年の離れた兄がいたからです。
兄は私の父であり、母でもありました。私はずっと、兄に育てられてきたのです。
私はおむつを兄に替えられていたことを、はっきりと憶えています。最初の記憶といってもよいかも知れません。お風呂も小学校高学年まで入れてもらいました。いっしょに入りたいと私がせがんだのです。
私は兄が好きだったのです。
兄と結婚したい。真剣にそう思っていました。
でも私が六年生になると、兄は私とお風呂に入ることを嫌がるようになりました。私はそれが悲しくてなりませんでした。
でもその理由は、いまではよくわかっているのです。
私の肉体が日増しに女らしくなっていくことに、当時の兄は戸惑っていたのです。

近親姦に溺れて

ちょうどその頃、私にとって重大な事件がありました。
兄の部屋に忍び込んで、本棚の奥に隠してある秘密の本を見つけてしまったのです。
それはエッチな本やマンガでした。普通のアダルト本ではありません。女の人が縛られたり体を打たれたり、太い棒を無理矢理性器に押し込まれたり……私はドキドキしながらそれらを読み耽りました。
(お兄ちゃんは女の人にこんなことをしたいんだ……)
私は本を慎重に元あった場所に戻し、自室に戻りました。
その晩も兄が作った夕食を食べましたが、兄の顔をまともに見ることができませんでした。
(お兄ちゃんのお嫁さんになるためには、ああいうのを気持ちいいと思えるようにならなきゃいけないんだ……)
その晩アパートの狭いお風呂に一人で入りながら、私はシャワーのホースで自分の体を縛るような真似をしました。
締め上げた後の肌が赤くなって、じいんと痺れたように疼くのが、不思議でした。
こんな自分を見ると、お兄ちゃんはドキドキしてくれるんだろうか……そう思うと、痛みや痺れが快感になるのです。
私はシャワーをいちばん強くして、自分のアソコにあてました。ビリビリと体の内側まで届くような衝撃を感じました。
(だめ……声を出しちゃ!)
私は必死で声を殺しました。
狭い家だから、変な声を出したら兄に聞かれてしまいます……。

この続きは本誌をご覧ください。